ケビコス ブログ

『暮らしを楽しく ♪』 をテーマに生活、お得、節約、子育てなど様々な情報を発信

Excelで通し番号が崩れないようにしたいときはROW関数

f:id:kevicokevico:20200126155014p:plain

 

本記事の内容

Excelの関数を使って通し番号をつける方法を紹介

  • メンテナンスが簡単
  • 行を追加 ,削除しても崩れない

 

スポンサーリンク

 

 

 

\パソコンスキルが0から学べる/

 

通し番号とは

Excelで名簿やデータを管理するとき、列の一番左に通し番号(ナンバリング)を付けることはありませんか?

 

例えば、下図をご覧ください。

f:id:kevicokevico:20190930101747p:plain

※架空のデータです

黄色い列のことを通し番号と呼びます。

このように通し番号を振っておけばデータの個数が把握できたり、ID番号として活用できたり、と業務の効率化に繋がります。

 

Excel 通し番号をつける関数

 

・ ROW関数 (読み:ロウ)

 =ROW()

 

ROW関数は

①特定のセルの行番号を求めたい

②特定の行に書式を設定したい

③セルの行番号を利用して連続番号をふりたい

このようなときに使えます。

 

今回は、③セルの行番号を利用した通し番号の振り方を分かりやすく解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

ROW関数を使って通し番号をつける方法

 

 

=ROW(範囲)-数字

 

通し番号で1にしたいセルに

=ROW(範囲)-数字を入力します。

 

 

手順は以下の3つです。

ⅰ)ROW関数を入力する

ⅱ)ROW()-任意の数字=1に調整する

ⅲ)オートフィルコピーをする

 

図を用いて説明します。

セルA2からの通し番号を採番するとき

 

ⅰ)ROW関数を入力する

f:id:kevicokevico:20191116154637p:plain

 

ⅱ)ROW()-任意の数字=1に調整する 

f:id:kevicokevico:20191116154944p:plain


セルA2に「=ROW()」を入力して、「2」と表示されました。あとは、「1」に調整するため、「=ROW()ー1」とすれば、OKです。

  

ⅲ)オートフィルコピーする

f:id:kevicokevico:20190930104811p:plain

 

f:id:kevicokevico:20190930105129p:plain

オートフィルコピーをして完了です。

※セルの右下の + を左クリック&真下にスクロール

 

通し番号を関数でつけるメリット

 

 

・行を削除しても通し番号が崩れない

・行を追加してもExcelのメンテナンスが楽です

 

 

ちなみにですが、Excelの行・列の追加・削除はショートカットキーを使えば、かなり作業スピード上がりますよ。 詳細はこちらをご覧ください。 

www.kevicokevico.com

 

行を削除する場合

管理しているデータは日々編集していくことが多いかと思います。もし、No7の列が不要になり、列ごと削除しても・・・

f:id:kevicokevico:20191027110927p:plain

 

f:id:kevicokevico:20191027111016p:plain

 通し番号は崩れません。

 

列を追加する場合

f:id:kevicokevico:20191116161101p:plain

 

途中に、行を追加しても、「5」が抜けるだけです。 

f:id:kevicokevico:20191116161823p:plain

 

「1~4」と「6~12」は崩れていないため、セルA5をコピーしてセルA6に貼り付ければOKです。

 

行を追加してもメンテが楽々です。

 

 

デメリットとして、関数を入力する手間はかかります。しかし、通し番号が崩れないというメリットの方が大きいため、データ管理をするときは参考にしていただければ幸いです。

 

その他Excelの関数のおすすめ記事

www.kevicokevico.com

まとめ

 

 

=ROW(範囲)-数字

 

通し番号で1にしたいセルに

=ROW(範囲)-数字を入力します。

 

ROW関数を使用すると、

►メンテナンスが簡単

►行を追加 ,削除しても崩れない

 

 

最後に、ショートカットキーや関数は習得するまでに結構時間がかかりますよね。下記に『Excel ショートカットキーの覚え方 をまとめてあります。良ければ、ご覧ください。

www.kevicokevico.com

 

 

電車通勤の合間にサッと読める。デスクの上に辞書替わりに使える。コスパ重視の方はこの一冊がおすすめです。

スポンサーリンク