ケビコス ブログ

日常の気づき、あれこれ、レジャー情報、パソコン術、色々な情報を発信中

パソコンのスクリーンショットを簡単に撮る3つの方法

f:id:kevicokevico:20200627080452p:plain

 

ケビコスブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

本記事の内容

Windows パソコンのスクリーンショットを簡単に撮る3つの方法

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

スクリーンショットの種類

 

 

① 全体画面のスクリーンショット

② 最前面のみのスクリーンショット

③ 一部を切り取ったスクリーンショット

 

 

新たにアプリケーションやソフトウェアのダウンロード&インストール不要です。

 

スクリーンショットを簡単に撮る3つの方法

 

全体画面のスクリーンショット

 

 

Print Screen ボタンを押す

 

 

f:id:kevicokevico:20191022180026p:plain

 

スクリーンショットと言えば、

 

この方法をご存知の方は多いと思います。

 

画面全体のキャプチャを撮りたいときに使用します。

 

スポンサーリンク

 

 

最前面のみのスクリーンショット

 

 

Print Screen ボタン & Alt ボタン を同時に押す

 

 

f:id:kevicokevico:20191023195416p:plain

 

複数のアプリやソフトを起動していても、

 

最前画(アクティブウィンドウ)のみのスクリーンショットを撮ることができます。

 

赤枠の画面部分が最前面です。

 

f:id:kevicokevico:20191022182010p:plain

 

赤枠のブラウザをアクティブ状態にしたまま、

 

Print Screen ボタン & Alt ボタン を同時に押す。

 

最前面(赤枠)だけのスクリーンショットが撮れます。

 

f:id:kevicokevico:20191023200722p:plain

 

スポンサーリンク

 

 

一部を切り取ったスクリーンショット

 

 

Snipping Tool(読み:スニッピングツール)』という

 

 

Windowsパソコンに標準機能として搭載されているアプリを使用します。

 

Snipping Tool』の使用方法は、こちらをご覧ください。

 

まるっと使い方をまとめています。

 

スクリーンショットを撮ったとき、画面が何も変化しないため、

 

撮れているのか撮れていないのか分かりづらいですが、

 

クリップボードに保存されています。

 

 

クリップボードとは、テキストや画像をコピー(もしくは切り取り)すると、一時的に保存される場所です。クリップボードは一時的にしか保存ができないので、次にコピーをすると前にコピーしたデータは消えてしまいます。

 

 

文字やデータを Ctrl ボタン & C ボタン でコピーした状態と同じような感覚です。

 

したがって、ExcelやWordにそのままCtrl ボタン & V ボタン で貼り付けできます。

 

動作環境

 

Windowsパソコン

Windows7・8.1・10

 

※surface(サーフェス)パソコンを使用している方は、Fn(ファンクション) ボタンを点滅させてから、【Print Screen ボタン】&【Fn(ファンクション) ボタン】を同時に押してください。 

 

最前画面のスクリーンショットは【Print Screen ボタン】&【Fn(ファンクション) ボタン】&【Alt ボタン】を同時に押してください。

 

私もサーフェスを使っているのですが、Fnボタンの点滅がないと、

ショートカットキーが反応しませんので、気を付けて見ておきましょう。

 

まとめ

f:id:kevicokevico:20200627080452p:plain

 

 

① 全体画面のスクリーンショット

  • Print Screen ボタン

② 最前面のみのスクリーンショット

  • Print Screen ボタン & Alt ボタン

③ 一部を切り取ったスクリーンショット

  • Snipping Tool(読み:スニッピングツール)を使用 

 

 

最後に私個人としては、

Snipping Tool(スニッピングツール)』が一番のおすすめの方法です。

 

Snipping Tool』を使用すれば、

基本的にはどんなスクリーンショットでも撮れます。

 

1ツールで全体画面も一部の切り取りもできます!

 

他にもサクっと簡単にできるパソコンの便利技の記事アップしています。

 

 

【おすすめ記事】