ケビコス ブログ

日常の気づき、あれこれ、レジャー情報、パソコン術、色々な情報を発信中

タスクバーは右クリックして履歴を活用して時短しよう!

f:id:kevicokevico:20200213093343j:plain

タスクバーの履歴活用
本記事の内容

タスクバーにピン留めしているアプリやソフトの履歴を活用して最速でファイルを開く方法をご紹介します。

f:id:kevicokevico:20191108211555p:plain

スポンサーリンク

 

 

 

タスクバーとは

 

タスクバーとは、パソコンの下にある固定されたバー箇所の部分です。

 

赤枠がタスクバーです。

f:id:kevicokevico:20191108201049p:plain

タスクバーには、良く使用するアプリやソフトをピン留めすることができます。

 

タスクバーにピン留めする方法

 

①スタート画面からタスクバーにピン留めしたいアプリやソフト検索

②検索したアプリやソフトを右クリック

③その他▶タスクバーにピン留めするをクリック

 

Windowsボタンをクリックして、スタート画面を起動させます。

その後、タスクバーにピン留めしたいアプリやソフト検索します。

その後、右クリックして、タスクバーにピン留めする。

f:id:kevicokevico:20191108201923p:plain

 

スポンサーリンク

 

 

タスクバーは右クリックして履歴を活用

 

タスクバーにピン留めしているアプリやソフトを右クリック

表示された履歴の中から起動させたいファイルをクリック

 

Excelを例に説明すると、

Excelのアイコンを右クリック

②赤枠の表示された履歴の中から起動させたいファイル名をクリック

f:id:kevicokevico:20191108203748p:plain

※赤枠のように直近で使用したExcelのファイル名が表示されます。

 

タスクバーを右クリックして履歴を活用すれば、相当な時間短縮を図ることができます!

POINT

ファイルサーバーにあるファイルでも履歴に表示されていれば、クリックするだけです。

 

 ファイルサーバーに保管しているファイルなどを開きたい場合、わざわざファイルの場所まで移動するのが面倒です。そんな面倒を一気に解決してくれる便利技です!

タスクバーの履歴を活用したおすすめ技

 

タスクバーにエクスプローラーをピン留して履歴を活用

 

エクスプローラーも同様に右クリックするとフォルダの履歴が表示されます。

f:id:kevicokevico:20191108205222p:plain

※フォルダ名は伏せさせてください。

 

表示される履歴は、ファイルサーバーにあるフォルダ名も表示されるため、わざわざファイルサーバーのフォルダまで行く必要が無くなります!

 

ちょっとメモ

エクスプローラーを起動するショートカットキーもあります!

>>Windowsボタン & E ボタン

 

他にも今すぐ使えるようになりたいショートカットキーを紹介しています。

www.kevicokevico.com

動作環境

Windowsパソコン

Windows8・8.1・10

※ケビコス確認済み

まとめ

 

タスクバーにアプリをピン留めする方法

①スタート画面からタスクバーにピン留めしたいアプリやソフト検索

②検索したアプリやソフトを右クリック

③その他▶タスクバーにピン留めするをクリック

タスクバーは右クリックして履歴を活用

タスクバーにピン留めしているアプリやソフトを右クリック

表示された履歴の中から起動させたいファイルをクリック

 

以上になります。 

他にもパソコンの便利技が多数あります!

www.kevicokevico.com

www.kevicokevico.com

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。