ケビコス ブログ

『暮らしを楽しく ♪』 をテーマに生活、お得、節約、子育てなど様々な情報を発信

切り取り&スケッチアプリでキャプチャに文字入力や直線を引く方法 Windows10

切り取り&スケッチのイメージ図です。

 

切り取り&スケッチアプリはスクリーンショットを撮り、その撮ったスクリーンショットを簡単に加工・編集できるアプリです。
スクリーンショットについては詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

 

 

 

本記事の内容
  • 切り取り&スケッチアプリでキャプチャに文字入力や直線を引く方法
  • 起動方法やショートカットキーの使い方もご紹介

 

スポンサーリンク

 

 

 

切り取り&スケッチの起動方法

 

切り取り&スケッチアプリを起動する方法はいくつかありますが、ショートカットキーで起動する方法がおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

 

切り取り&スケッチの起動はショートカットキー

 

f:id:kevicokevico:20191211175620p:plain

 

 

Windowsキー+Shiftキー+Sキー

 

上記ショートカットキーをおすすめします。

 

理由は、瞬時に起動できるからです。

 

 切り取り&スケッチが起動されると下図の画面が表示されます。

f:id:kevicokevico:20191211201431p:plain

 

スポンサーリンク

 

 

切り取り&スケッチで文字入力をする方法

 

 アプリを起動すると赤枠の箇所があります。

f:id:kevicokevico:20191210230141p:plain

 

 

・手書き

・ペン

・鉛筆

蛍光ペン

 

 

切り取った一部のスクリーンショットに、上記の種類の文字入力が可能です。

 

スポンサーリンク

 

 

切り取り&スケッチで定規で線を引く

 

f:id:kevicokevico:20191211180550p:plain

 

切り取った一部のスクリーンショットに、定規を使って真っ直ぐな線を引くことも可能です。

 

f:id:kevicokevico:20191211195452p:plain

 

分度器を使用して曲線も綺麗に引けます。

Snipping Tool(スニッピングツール)

切り取り&スケッチはSnipping Tool(スニッピングツール)の後継アプリです。

Snipping Tool』についてはこちらを参照ください。

 

 

<おすすめ記事>