ケビコス ブログ

日常の気づき、あれこれ、レジャー情報、パソコン術、色々な情報を発信中

ブライダルフェアでウェディングドレスの試着はできる?

ブライダルフェアの写真

ブライダルフェアでウェディングドレスの試着はできる?
本記事の内容

・ウェディングドレスの試着付きブライダルフェアを探したい

・ブライダルフェアの試着会のメリット

・ブライダルフェアの試着会のデメリット

・後悔しないための試着付きのブライダルフェアの選び方

・ブライダルフェア当日の持ち物

・ブライダルフェアの試着会のまとめ

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

ウェディングドレスの試着付きブライダルフェアを探したい

ウェディングドレス試着付きのブライダルフェアを探している方はこちらから希望のエリアで予約可能。

\条件クリアで4万円プレゼント/

ウェディングドレスやタキシードの試着ができるブライダルフェアは人気がありますので早めに予約するのをおすすめします!

 【関連記事】ブライダルフェアは何日前までに予約が必要?

ブライダルフェアの試着会のメリット

 

・自分が着てみたいドレスの試着ができる

・ドレスの種類や形について知れる

・自分のスタイルに合うドレスを知れる

・ドレスの価格が分かる

 

上記のようなことが可能です。

ブライダルフェアで試着したドレスのサイズ合わないときでも心配はいりません!

正式に結婚式場と契約した後にサイズを採寸して、結婚式本番で着るドレスを決めていきます。

なのでサイズが合うかどうかは気にしなくてOKですよ。

ブライダルフェアの試着会のデメリット

 

・所要時間がかかる

・新郎は待ち時間が長い

 

試着付きのブライダルフェアの場合、所要時間が長くなります。

  • 3時間~半日をみておくと良いでしょう

花嫁さんがウェディングドレスを試着している間、新郎さんは待ち時間が長いです。

ただ待ち時間がながいからといって、スマホばかりポチポチするのは禁物ですよ。

せっかくの花嫁さんのウェディングドレス姿をみれるので、写真をたくさん撮りましょう。

後悔しないための試着付きのブライダルフェアの選び方

 

・着てみたい衣装があるかどうかを事前に確認しておく

・平日夜に参加するがおすすめ

・小物類について尋ねる

 

上記3つのポイントを事前に押さえていくと後悔しないブライダルフェアを過ごすことができます。

スポンサーリンク

 

着てみたい衣装があるかどうかを事前に確認しておく

ウェディングドレスの写真

ウェディングドレス選び

自分が着てみたいウェディングドレスやカクテルドレスが結婚式場にあるのかどうかを調べてみると良いでしょう。

 

結婚式場にどんなラインナップのドレスがあるのかを事前にきいておくことで、ブライダルフェア当日も迷わず・時間をかけずに試着できます。

 

またシーズンによって結婚式場やドレスショップに入ってくるドレスが変わってくることもありますので、併せて調べておくと後々役に立ちます。

平日夜に参加するがおすすめ

試着付きのブライダルフェアの参加は平日夜がおすすめです!

平日の場合だと、実際に結婚式が行われている事が少ないため、ドレスがあまり出払っていません。

そのため通常よりもラインナップが豊富である可能性が高いです。

もちろん!週末などに使われる衣装は試着できる可能性は低いですが、土日祝よりもラインナップが豊富である可能性大です。

【参考記事】ブライダルフェアは平日の夜がおすすめ!

小物類について尋ねる

アクセサリーの写真

ブライダルアクセサリー

衣装に合う小物類は以下のことを尋ねると良いでしょう。

・どんなラインナップがあるか?

・持ち込んだ場合持ち込み料金はかかるのか?

 

上記のことは聞いておくと結婚式場選びでも重要な判断材料になります。 

ブライダルフェア当日の持ち物

 

・スクショや写真

スマホ、カメラ

・ストッキング

・少し大きめのカバン

 

ブライダルフェアに参加して、『あれを持ってくれば良かった~』なんてことにならないようにココで確認しておきましょう~

スクショや写真

f:id:kevicokevico:20200315124927j:plain

着てみたいドレスの写真、雑誌

着てみたいドレスのイメージがある場合は、

インスタグラムやスクリーンショット、雑誌などの写真を持っていきましょう。

 

具体的なイメージを伝えることで、自分の着てみたいドレスがあるかないかの回答をもらうこともできるため、オススメです。

 

スマホ、カメラ

f:id:kevicokevico:20200315124650p:plain

新婦のウェディングドレスの姿を撮影

ウェディングドレス姿をたくさん写真に収めましょう!

花嫁さんはドレス姿を鏡でしか見ることができません。

後から見返すためにも、新郎さんやお友達、ご家族の参加者にたくさん写真を撮ってもらいたいものです。

写真を撮るときに意識しておきたいポイントは以下の通り!

 

・正面はもちろん

・後ろ姿

・横を向いた姿

 

最低でもこの3ショットは写真に収めておきましょう。

ストッキング

女性の場合、試着の際にはパンプスを会場から借りるケースが一般的なので、予めストッキングや靴下を履いておくか準備をしておくのもマナーです。

もしスニーカーに靴下を履いていたり、冬でストッキングだと寒かったりする場合は、膝下丈のストッキングを持参して試着するときに履き替えるのもOKです。

少し大きめのカバン

試着付きのブライダルフェアであっても、式場のパンフレットや見積書、時には来場記念ギフトをもらうことがあります。

 

なのでブライダルフェアの帰りは大荷物になりがちです。

 

貰う資料がカバンの中でシワシワにならないよう、カバンはA4サイズの資料が収まる大きめのものを持っていくと良いです。

 

ブライダルフェアで貰う見積書は後々結婚式を挙げるにあたってかなり重要になってきます。

【参考】ブライダルフェアでもらう見積もりの見方

スポンサーリンク

 

ブライダルフェアの試着会のまとめ

ブライダルフェアの予約はこちらから

\条件クリアで4万円プレゼント/

 

ブライダルフェアでドレスを試着するメリット

・自分が着てみたいウェディング、カクテルドレスの試着ができる

・ドレスの種類や形について知れる

・自分のスタイルに合うドレスを知れる

・ドレスの価格が分かる

ブライダルフェアでドレスを試着するデメリット

・所要時間がかかる

・新郎は待ち時間が長い

ブライダルフェア当日の持ち物

・イメージが伝わるスクショや写真

スマホ、カメラ

・ストッキング

・少し大きめのカバン

 

皆さまの結婚式の参考になれば幸いです。

 

おすすめ記事

スポンサーリンク