ケビコス ブログ

『暮らしを楽しく ♪』 をテーマに生活、お得、節約、子育てなど様々な情報を発信

Excelのvlookup関数とはを分かりやすく解説

f:id:kevicokevico:20191218183505j:plain

 

 

本記事の内容

Excel vlookup関数(読み方:ブイルックアップ)とはを分かりやすく解説します。

 

 

個人的には、vlookup関数はExcelの関数界の王様であろうと思っています(笑)

 

スポンサーリンク

 

 

本記事を読めば・・・

 

・パソコン初心者でもvlookup関数とは?が解消される

・パソコン初心者から誰でもvlookup関数の入力の仕方がわかる

 

 

 

vlookup関数とは

 

いきなりですが、

この表の中から、レモンの個数を探してください。

f:id:kevicokevico:20191218190451p:plain

 

おそらく、目視で確認したら、こんな感じですかね?

 

f:id:kevicokevico:20191218190622p:plain

 

目視だとちょっと面倒ですね。

また何個も必要なデータを探すとなると時間がかかります。

 

vlookup関数は上記のことを瞬時にやってくれます。

 

f:id:kevicokevico:20191218191848p:plain

 検索ワードを入力するだけで、必要なデータを抽出します。

コレがvlookup関数です。

 

複数のデータを抽出したい場合でも瞬時にやってくれます。

 

f:id:kevicokevico:20191218192148p:plain

 

さすが、vlookup仕事が速いですね。

 

vlookup関数を使いこなせるようになれば、確実に仕事のスピードがアップします。

 

vlookupの関数式

 

 

=vlookup(「検索値」「範囲」「列」「検索の型」)

 

  

vlookupの関数式は上記の通りです。

 

(カッコ)の中にゴニョゴニョと難しい言葉が並んでいます。

 

(カッコ)の中の用語は覚えなくてvlookup関数を使えるようになります。

 ただ今回はvlookup関数の基礎を分かりやすく詳しく説明していきます。

 

スポンサーリンク

Excelの便利技を習得したい方はこの書籍がおすすめです。YouTubeで実際の活用シチュエーションを例に動画を見ながら学習できるため、頭に残りやすいです!

 

検索値:第1引数

vlookup関数の説明図です

vlookup関数

=vlookup(「検索値」「範囲」「列」「検索の型」)

第1引数である検索値は上図で言うと、『レモン』になります。

レモンを入力して【個数】を知りたい。

 

範囲:第2引数

vlookup関数の説明図です

vlookup

=vlookup(「検索値」「範囲」「列」「検索の型」)

第2引数である範囲設定は最も重要な箇所になります。

検索値となる列を一番左にして、抽出したいデータの列が含まれるように範囲を設定します。

 

 

・レモンが検索値のため、レモンの列を一番左にする

・個数の列が含まれるようにする

 

 

第2引数の『範囲』については下記の記事でも詳しく解説しています。

www.kevicokevico.com

 

列番号:第3引数

vlookup関数の説明図です

vlookup関数

=vlookup(「検索値」「範囲」「列」「検索の型」)

抽出したい列番号を指定します。

『個数』を知りたいため、"3"列目ですね。

 

検索の型:第4引数

 =vlookup(「検索値」「範囲」「列」「検索の型」)

検索の型は基本的には『FALSE』にしていてOKです。

『FALSE』は完全一致の値を返します。

それに対して、『TRUE』は最も近い値を返します。

 

vlookupの入力

例えば、

レモンの個数を知りたいとき、

 

f:id:kevicokevico:20191218191848p:plain

 

上記のようなvlookupの関数式を以下で説明します。

 

 

1.個数の下のセルにvlookup関数を入力

f:id:kevicokevico:20191218192956p:plain


 

入力するとき、セルをダブルクリックしている方はやめましょう。

詳細はこちらでご確認くださいませ。

www.kevicokevico.com

 

 

2.=vlookup(G9,B9:B25,3,FALSE) と入力

 

検索値はセルG9に入力されたワードを検索します。

 

f:id:kevicokevico:20191218193311p:plain

 

範囲は『りんご』から右下の『A-1』までです。

f:id:kevicokevico:20191218193357p:plain

 

 

列番号は左から1,2,3,4と数えていきます。

今回、『個数』は3列目なので、3と入力します。

 

f:id:kevicokevico:20191218193926p:plain

 

 

 vlookupがよく分からないって方は、

機械的に『FALSE』を選びましょう。

 

 

f:id:kevicokevico:20191218194205p:plain

 

 

vlookupの関数式が完成すると、

『#N/A』と表示されます。

 

f:id:kevicokevico:20191218194336p:plain

 

 

検索ワードに『レモン』と入力すると、

【個数】が表示されます。

 

f:id:kevicokevico:20191218191848p:plain

 

 

 コレで完成です。

 

その他、Excelの関数記事の紹介

www.kevicokevico.com

www.kevicokevico.com