ケビコス ブログ

日常の気づき、あれこれ、レジャー情報、パソコン術、色々な情報を発信中

Excelのvlookup関数で文字列を検索してデータを抽出する方法

f:id:kevicokevico:20200419150822p:plain

vlookup関数の活用方法

 

ケビコスブログをご覧いただきありがとうございます。

 

Excelで絶対に使えるようになりたいvlookup関数

 

今回は誰でもわかるようにvlookup関数のデータの抽出方法を解説していきます。

 

本記事の内容
  • vlookup関数とは
  • vlookup関数の入力方法
  • 文字列を検索してデータを抽出する方法
  • まとめ

 

スポンサーリンク

 

 

本記事を読むことで

 

・パソコン初心者でもvlookup関数の式の入力がわかる

・パソコン初心者でもvlookup関数で文字列を検索ワードにした関数式の入力がわかる

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

vlookup関数とは

 

 

Excelでデータを抽出するための関数

 

 

vlookup関数は、Excelのデータを抽出する関数機能の一つです。

 

vlookup関数の基本のおさらいは、Excelのvlookup関数とはを分かりやすく解説をご覧ください。

 

上記記事を読むことで、vlookup関数の基礎が身に付きます。

 

意外とvlookup関数を知っている人は多いですが、

使い方や引数などが分からないって方も多いですよね。

 

併せて、vlookup関数と一緒に使うことの多い『$マーク』

$マークについては、Excelの絶対参照とは?をわかりやすく解説をご覧ください。

 

vlookup関数で文字列を検索してデータを抽出する方法

vlookup関数の説明図です

vlookup関数

上図をご覧ください。

 

『検索ワード』に文字列(レモン)を入力して、

個数(200)を抽出しています。

 

このように、文字列を入力しても必要なデータが抽出できるvlookup関数の式の入力を次章で説明します。

 

スポンサーリンク

 

 

vlookupの関数式

 

 

=vlookup(「検索値」,「範囲」,「列」,「検索の型」)

 

 

 vlookupの関数式は上記の通りです。

 

(カッコ)の中の言葉覚える必要ありません。

 

\パソコンスキルが0から学べる/

 

vlookup関数で文字列を検索するときは『範囲』が重要

 

 

=vlookup(「検索値」,「範囲」,「列」,「検索の型」)

>>>vlookup関数で文字列を検索するときは『範囲』がキー

 

 

上記に書きましたが、『範囲』が重要です。

 

つまり、()の中の2番目が超重要箇所になります。

 

結論を先に述べると、

『範囲』の一番左の列は【検索値】が含まれる列を選択することです。

 

例えば、

下の表から『レモン』の【個数】を知りたいとき、

下記のvlookupの関数式だと、

 

f:id:kevicokevico:20191219204452p:plain

 

検索ワードに『レモン』と入力しても、

【#N/A】とエラー表示になります。

f:id:kevicokevico:20191219204629p:plain

 

『範囲』の一番左の列が『レモン』の列ではないため、

【#N/A】とエラー表示になります。

 

【NG】

f:id:kevicokevico:20191219205129p:plain

 

 

POINT

範囲の一番左の列は検索値(今回でいうとレモン)が含まれる列にすること

 

 

【OK】

f:id:kevicokevico:20191220055949p:plain

 

上記の違いです。

 

以上で、文字列を検索してデータを抽出するvlookup関数の完成です。

 

f:id:kevicokevico:20191219205856p:plain

 

まとめ

 

 

・vlookupについては、基本を学びたい方はこちらをご確認ください。

Excel vlookup関数とはを分かりやすく解説します

 

・vlookupの関数式
=vlookup(「検索値」「範囲」「列」「検索の型」)

 

・「範囲」の一番左の列は
検索値にするワードが含まれる列にすること

 

 

 

YouTubeExcelの関数などの使い方をめちゃめちゃ分かりやすく解説している書籍です。

 

<おすすめ記事>

 

スポンサーリンク