ケビコス ブログ

『暮らしを楽しく ♪』 をテーマに生活、お得、節約、子育てなど様々な情報を発信

家のお風呂の鏡にくもり止めリキッドを使ってみた感想

 f:id:kevicokevico:20200607162407p:plain

 

ケビコスブログをご覧いただきありがとうございます。

 

新築の戸建てを購入しました。(後日色々と情報発信予定)

 

せっかくの新しいお家なのできれいに使いたいと思い、お風呂場の鏡の手入れをしました。 

 

お風呂の鏡ってすぐに曇ってしまいませんか?

 

曇りをそのままにしておくと、鏡にうろこ汚れが付いてしまいますよね。

 

f:id:kevicokevico:20200607150523j:plain

 

 

お風呂場の鏡の曇りを防止するアイテムをご紹介します!

 

 

スポンサーリンク

 

 

お風呂の鏡は曇りやすい

 

f:id:kevicokevico:20200607162532j:plain

 

 

お風呂場の鏡はすぐに曇る...

  • 対策が必須!

 

 

お風呂場の鏡が曇る原因は鏡の表面に細かい水滴がついているからです。

 

「お浴室場」と「鏡周辺」の温度差によって、空気中の水分が凝縮し、水滴となり鏡に付着します。

 

その水滴が乱反射することで白く曇って見えるわけです。

 

水滴を手で払ったり、シャワーでさっと流したりしても温度差自体は解消されないため、またすぐに曇ります。(エンドレス)

 

風呂場の鏡の曇り止めにおすすめのアイテム

 

f:id:kevicokevico:20200607152314j:plain

 

 

浴室ミラー用くもり止めリキッド

 

 

手軽に簡単にくもりを防げるリキッドがおすすめのアイテム

 

液体タイプで、50cm×50cmの鏡だと約40回ほど使用できます。

 

塗り方次第ですが、一回の塗りで10日以上はくもりを防げました!

 

 

使用方法はめちゃめちゃ簡単

 

くもり止めの使用方法

 

鏡の汚れを落として、しっかり乾燥させる

 

まずは、鏡の水垢やシャープー、ボディーソープのカス汚れを洗い流します。

 

その後しっかり乾燥させてます。

 

リキッドの液体を塗り、しっかり乾燥させる

 

鏡の汚れを落としたら、くもり止めリキッドの登場です。

 

 

腹部を握ると、先端に液体が出てくる仕組みとなっています。

 

f:id:kevicokevico:20200607174921j:plain

 

そのまま腹部を押しながら、鏡全体に液体を塗っていきます。

 

全体に液を塗った後はしっかり乾燥させれば終了。

 

液体タイプ以外にも貼るアイテムもある

 

 

液体タイプより、張るタイプが良いって方はこちらがおすすめです。

 

張るタイプのアイテムは、液体タイプと違い、一度貼ってしまえば一年くらいはそのまま放置していてOKです。

 

どちらが良いかご検討してください。

 

 

お風呂場の鏡にくもり止めを使用するメリット

 

f:id:kevicokevico:20200607162501j:plain

 

 

  • 鏡の掃除が楽になる
  • 鏡の寿命が長くなる

 

 

くり止めを使用するメリットは2つ

 

くり止めを使用しない場合、水垢やシャープ―やボディーソープのカスなどがついて曇りやすくなる。

 

つまり、定期的に掃除の手間が発生します!

 

また、掃除の際に研磨剤入のアイテムを使うと鏡が削られていき鏡の寿命を短くなることも。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

 

【結論】くもり止めは、掃除の手間を減らし、鏡の寿命を伸ばす

 

 

いかがでしたか?

 

お風呂場の鏡のくもりで悩んでいる方は、ぜひくもり止めリキッドを使用してみてください。

 

 

最後まで読んでいただきたいありがとうございました。

 

<おすすめ記事>