ケビコス ブログ

『暮らしを楽しく ♪』 をテーマに生活、お得、節約、子育てなど様々な情報を発信

夫婦の通信費が高い方へお伝えする節約術【携帯代は二人で4千円台です!】

f:id:kevicokevico:20200922093454p:plain

 

ケビコスブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

私たち夫婦の通信費(携帯代)は、毎月4,000円ちょい!※iPhone8,SE2を使っています。

 

以前は月々1万3千円ほど支払っていたんだよ。

 

 

夫婦の通信費の節約方法を教えてください!

 

 

本記事の内容
  • 夫婦の二人分の携帯代は4千円台!【激安】
  • 通信費を節約する重要ポイント
  • 格安SIMを利用するデメリット【しっかり確認すべき】
  • まとめ:夫婦の通信費が高い方へお伝えする節約術

 

スポンサーリンク

 

 

 

私たちの通信費は毎月4千円台!内訳をご確認ください

 

使用者 使用端末 利用キャリア 利用料(月額) 利用プラン 備考
iPhone8 マイネオ 1,663円 Aプラン デュアルタイプ (3GB) 通話料は使用分
iPhoneSE2 マイネオ 1,760円 Dプラン デュアルタイプ (3GB) 通話料は使用分

 

最安の場合、毎月の電話代は4,000円ちょいです!

 

過去の支払い実績を公開しておりますので、こちらからご確認できます。

 

 

繰り返しになりますが、以前まで月々1万3千円、支払っていました。

 

 

通信費を抑えるポイントをご説明します!

 

 

気になる方は読み進めてください。

 

>>スマホそのまま安くなるmineo!月額基本料金1,310円(税抜)〜

 

夫婦の通信費を節約するポイント

 

f:id:kevicokevico:20200922094652j:plain

 

 

 

 

スマホ格安SIMへ切り替える

 

f:id:kevicokevico:20200922095603j:plain

 

 

格安SIM提供事業者(MVNO)の格安SIMを使用!

 

 

我が家はmineo (マイネオ)に乗り換えて大幅な節約を実現しました!

 

 

格安SIMとは?

 

f:id:kevicokevico:20200922095944j:plain

 

そもそも格安SIMとは、大手3大キャリア(ドコモ、auソフトバンク)よりも低価格で通信サービスを提供するSIMカードのことです。

 

大手3大キャリアと格安SIMの大きな違いは、データ通信料金の差です。

 

同じ3GBのデータ容量であっても数千円の費用差額が出てきます。

 

つまり、ドコモなど他大手2社以外のキャリアへ切り替えることで、二人の携帯代の節約が可能です!

 

>>お手持ちのau、ドコモ、ソフトバンク端末がそのまま使えて安くなる

 

通話はできるだけLINEでやること

 

 

電話は必要最低限!
家族や友人にはLINE電話を利用

 

 

マイネオでは、通話し放題プランがないため、30秒ごとに20円の通話代がかかってきます。

 

f:id:kevicokevico:20200510093059j:plain

 

なので、極力通話するときは、LINEを使い、節約に努めています!

 

スポンサーリンク

 

 

格安SIMに切り替えるデメリット

 

 

  • 店舗がないためカスタマーサポートが弱い
  • 手続きを全て利用者でやる必要がある
  • 大手キャリアよりも通信速度が不安定
  • 使用できる機種が限定されている

 

 

格安SIMへ切り替える前に必ずデメリットを見ておきましょう!

 

格安SIMにもデメリットがあるって聞いたけど、どんなマイナスがあるのかな?

 

より、詳細に格安SIMのデメリットを知りたければ、こういう夫婦は格安SIMの乗り換えに向かない!をご覧ください。

 

店舗がないためカスタマーサポートが弱い

 

 

大手キャリアとはサポート方法が異なる!

 

 

スマホを使っていて何か不具合が生じたとき、

 

大手キャリアの場合、

店舗で対応やカスタマーサービスへTEL、メールやチャット形式での問合せなどのサポートが充実しています。

 

一方で、格安SIMの場合は、

店舗が存在しているキャリアが少ないため、電話やメール、チャットの対応になります。

 

店舗対応がないと少し不安だな~

 

利用者で全ての手続きをやる必要がある!

 

上記でも触れておりますが、カスタマーサービスは圧倒的に大手キャリアが充実しています。

 

スマホを買い替えるときのデータ移行やバックアップ処理など、大手キャリアならスタッフが行ってくれます。

 

しかし、格安SIMの場合は全て利用者でやります。。。

 

当然、SIMカードの差し替えまでやる必要があります!

 

大手キャリアよりも通信速度が不安定

 

格安SIM最大のデメリットとして上げられるのが通信速度です。

 

格安SIMは大手キャリアの回線を借りているので、混みやすく不安定であります。

 

特に平日がお昼休みの時間帯はいつも遅く感じるな~

 

この前のお昼休みに色々調べ事をしていたけどめちゃめちゃ遅かったです・・・

 

使用できる機種が限定されている

 f:id:kevicokevico:20200510100912j:plain

 

 

  • 最新機種がすぐに利用できないこともある
  • キャリアによって利用できない機種もある

 

 

大手キャリアなら、最新機種の販売と同時にすぐに利用できます。

 

格安SIMの場合は、販売と同時に利用は難しいことがあります。

 

後々は使用できるケースがほとんどですが、キャリアのHPなどを確認したうえで、乗り換えを検討する必要があります。

 

まとめ

 

f:id:kevicokevico:20200922093454p:plain

 

毎月、12,000円の通信費を1年間支払っている場合だと、144,000円の支出です。

 

格安SIMに変更すると、年間48,000円(毎月4,000円の場合)の支出になります。

 

およそ、▲96,000円の節約になります!

 

毎月かかる費用だからこそ、思い切って見直す機会にしてみてはいかがでしょうか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。