ケビコス ブログ

『暮らしを楽しく ♪』 をテーマに生活、お得、節約、子育てなど様々な情報を発信

前撮りを30万円節約しました【実体験記】

f:id:kevicokevico:20200504093948p:plain

 

ケビコスブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は、結婚式の前撮りで実際に30万円以上節約した方法をご紹介します。

 

当初の予定で前撮りをしていたら、支払いがゾッとするくらい膨れ上がっていました・・・

 

\結婚式が決まったら/

 

本記事の内容
  • 結婚式の前撮りの相場は意外と安い!
  • 当初の私の前撮り費用は高額
  • 節約するためにしたこと
  • まとめ

 

 

スポンサーリンク

 

 

結婚式の前撮りの相場はそこまで高くない!?

 f:id:kevicokevico:20200504094133j:plain

 

 

前撮りの平均費用は11万円!

Hanayume(ハナユメ) より

 

 

実は、前撮り費用の相場は11万円とそこまで高くはありませんでした。

 

結婚式に関して全く知識がなかった私は、この情報を知ったのが前撮りをする1ヶ月くらい前のことでした。

 

 

では、前撮り費用を30万円以上節約したとはどういうこと?

 

 

スポンサーリンク

 

 

当初の前撮り費用はいくら?

 

 

ざっと、45万円の見積もりだった・・・

 

 

なぜこんなに高かったのかと言うと、結婚式場を通して前撮りをする予定だったため・・・

 

知識不足だった私はプランナーからの提案通りに前撮りをする予定でいました。

 

しかし、45万円の見積もりを見てから、これはやばいと思い、前撮りに関して調査を開始しました!【前撮りの1カ月前】

 

関連記事

 

前撮り費用を節約するためやったこと

 f:id:kevicokevico:20200504095609j:plain

 

 

【結論】自分たちで業者を探すこと!

 

 

これが一番の節約術です。

 

自分たちで業者を探すということは、ネットで業者を調べて、結婚式場を通さずに前撮りを行うということです!

 

 

自分たちで探した前撮り業者にするメリット

 

 

  • 前撮り費用が圧倒的に安い!
  • 和装洋装両方着ても安い
  • ロケーション・スタジオどちらも撮影できる
  • 10時間取り放題プランなどがある

 

 

費用の面においてメリットが多いです!

 

前撮り費用が圧倒的に安い

 

前撮りにかかる費用の内訳をご覧ください。

 

項目 結婚式場 自分で探した業者 備考
衣装代 130,000円 0円 和装洋装
花代 15,000円 0円  
着付代 97,000円 0円  
写真代 180,000円 0円  
施設使用料 30,000円 6,800円  
プラン代 0円 105,000円 10時間取り放題 
合計 452,000円 111,800円  

 

自分たちで選ぶ業者は、衣装代や写真代などが全てプランにコミコミで含まれていてのこの金額になります。

 

金額の差額は34万円です!

 

 

和装洋装両方着ても安すすぎる!

f:id:kevicokevico:20200504094510j:plain

 

もちろん!和装も洋装もどちらも着ての金額

※着付代も含まれている

 

結婚式場を通しての前撮りは、衣装代と着付代(人件費)が高すぎる

 

 

ロケーション撮影・スタジオ撮影どちらもできる!

f:id:kevicokevico:20200504094730j:plain 

10時間の撮り放題プランだったため、時間の許す限り前撮りの撮影ができた!

 

ロケーションとスタジオ、どちらも撮りました。

 

ロケーション撮影は、①着物と②色打掛で日本庭園、③ウェディングドレスで砂浜

スタジオ撮影は、カクテルドレス

※妻の場合です

 

4着も着れて、

めちゃめちゃ満足のいく内容でした!

 

 

自分たちで探した前撮り業者にするデメリット

 

 

  • 本番と同じ衣装が着れない
  • オプション付加で費用がかさむ
  • 自分たちでやるので手間がかかる

 

当然のごとく、メリットもあればデメリットもあります。

 

 

本番と同じ衣装は着れない

 

 

本番と同じ衣装は着れない

 

 

結婚式場を通して前撮りを行う場合、本番と同じ衣装で撮影はできます。

 

しかし、別の業者となると、本番と同じ衣装で撮影は難しいでしょう。

 

本番と同じ衣装を着れる場合でも衣装代や持込料がかかる可能性も。

 

どうしても本番と同じ衣装を着たい方は、プランナーを通して前撮りを計画した方が良いです。

 

ただ、別の衣装での撮影も記念になるので、私はおすすめです。

 

 

オプションの付加で費用がかさむ

 

基本プランで前撮りを行えば、かなりの節約ができます!

 

しかし、着たい衣装が基本プランの中にはなくて、オプションを付けることで着れる、このようなこともあります。

 

基本プランの範囲内で解決できないときは、オプションを付けて充実させるのもアリですね。

 

 

手間がかかる

 

一番のデメリットでしょうか?

 

 

  • 業者を調べて決める

↑ これが一番時間と手間がかかります。

 

 

結婚式場を通しての前撮りだと、プランナーさんに任せておけば、ほとんど何もしなくてOKですが、

 

自分たちで業者を探すと、業者選びから撮影内容、場所、写真の枚数まで決めていく必要がある。

 

なので、コレが面倒だと思う方はプランナーさんに任せておいた方が無難です。

 

まとめ

 f:id:kevicokevico:20200504093948p:plain

 

 

前撮りの業者を自分たちで探すと30万円以上節約可能!

 

 

自分たちで業者を探すメリット・デメリットは多数あるのでしっかり検討してください。

 

皆さまのお役に立てれば幸いでございます。

 

<おすすめ記事>